作品紹介

桜の都と鬼の花嫁 下巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

時は平安。陰陽師の家系である梶原家の次男坊・真白(ましろ)は、とある事情から、女のふりをして東羅(とうら)という鬼の元へ嫁いだ。紆余曲折を経て二人は少しずつ心を通わせていく。だが、真白を取り戻そうとする兄・昌隆(まさたか)の手により、鬼の都には最悪の危機が訪れていた。自分が帰れば兄を止められると思った真白は、東羅との別れを決意するのだが……。新BLレーベル『エールブランシュ』第一弾作品! 投稿&交流サイト「メクる」の人気作品を電子書籍化!

エールブランシュ

空原きいち

鈴木もぐお

作品一覧へ戻る

桜の都と鬼の花嫁 下巻
publishinglinkをフォローしましょう